予算オーバーになることもある

理想を詰め込み過ぎると予算オーバーになりやすい


フルオーダー住宅はデザインから間取り、どのような素材を使うかまで施工主が全て自由に決められます。家作りは一生に一度となるケースが多いので、理想を叶えようとアレもコレもと欲張ってしまいがちです。ただ、理想のマイホームを建てたいという気持ちが強すぎるあまりに、予算オーバーとなってしまうケースも少なくありません。少しくらい予算がオーバーしても、一生に一度だから理想を詰め込みたいと考える人もいるかもしれませんが、のちのちの事を考えると削れる部分は削って予算内に収めた方が良いでしょう。理想のマイホームを建てられると夢が大きいフルオーダー住宅ですが、予算オーバーしてしまうというデメリットを考慮しておく必要があります。

安全性や快適性を決める部分はケチらない方が得策


フルオーダー住宅を建てる際、予算がオーバーしてしまった場合は予算を削ることを考えなくてはいけません。ただ、家を建てるときに予算を削って良い部分と、削ってはいけない部分があると言われています。例えば、安全性や快適性を決める部分は、ケチらない方が得策です。耐震性を決める構造部の素材の予算を削ってしまうと、もしもの時の安全性が確保できません。また断熱素材を削ってしまうと、外気温の影響を受けやすくなりかえってエアコン代がかさんでしまうことにもなるでしょう。マイホームを建てる場合、デザインや間取り、住宅設備にばかり目がいってしまいがちです。ですが、安全性や快適性がしっかりしている家が安心して生活できる家と言えるので、予算を削る部分は考慮する必要があります。