建築現場を自分の目でチェック可能

注文住宅は引き渡しまで数ヶ月かかるため不安になる


注文住宅は、間取りや収納などの空間を自由に設計する事が出来るのがメリットです。しかし、いざ建築がはじまると完成まで数ヶ月かかるため、じっさいに打ち合わせ通りに工事が行われているのか、不安に思う方も少なくないかも知れません。注文住宅は、打ち合わせの時と違う人が建築現場の作業をするケースがほとんどです。依頼先の工務店が自ら大工で経営している場合は、少しは安心できるかもしれません。それでも引き渡しまでは数ヶ月間かかるため、やはり不安に感じるかたが多くみられます。できれば、建築現場に足を運んで見てみたいというかたも少なくないのではないでしょうか。注文住宅は、建築現場を自分の目でチェックすることが可能なため、引き渡しの時に安心できます。

建築現場を自分の目でチェックすると引き渡しの時に安心できる


建築現場を自分の目でチェックすることで得られるメリットは、完成引き渡しのときに安心できることです。建売住宅を購入した場合、完成した状態で購入するため、引き渡しまでの時間はあまりかかりません。しかし、外壁と内壁で見えないため、柱の大きさや本数、断熱材の有無などを確認する事ができません。引き渡しまでの時間が短いというのはメリットですが、躯体(家の骨組み)や仕様(断熱材など)が確認できないのは不安要素です。注文住宅の場合、着工から完成まで3ヶ月から6ヶ月かかるのが標準工期で、引き渡しまでながく感じるかもしれません。しかし、外壁や内壁でかくれるまえに柱や断熱材の有無などを建築中に自分の目でチェックすることができるため、安心して引き渡しを受けることができます。