予算を調整できるのが嬉しい

経済的に余裕がある人は実績がある建築士にデザインを依頼できる


注文住宅は、各家庭の予算に合わせて住宅のデザインや間取り、立地などを決められるというメリットがあります。たとえば、経済的に余裕がある人は、戸建てのデザインの実績が豊富な建築士に依頼することで、外観や内装などあらゆる箇所にこだわることができます。最近では、高所得者を対象に注文住宅のデザインの相談を受け付けている建築士の事務所が多くあり、忙しい生活を過ごしている人も、短期間で魅力的な住宅のデザインを提案してもらうことが可能です。なお、注文住宅のデザインによって購入費用や購入後のリフォームの費用などに大きな差が出ることもあるため、契約を結ぶ前に信頼のおける建築士とじっくりと話し合いをすることが肝心です。

シンプルなデザインの注文住宅はリーズナブルな価格で購入できる


ハウスメーカーが扱っているシンプルなデザインの注文住宅は、建築士に直接任せる場合と比べてデザインの自由度が低くなりますが、三千万円前後と比較的リーズナブルな価格で購入することが可能です。また、立地にそれほどこだわりがない人は、郊外に注文住宅を建てることで、数百万円程度購入費用を安く抑えられることもあるため、土地選びの段階からハウスメーカーにサポートを受けることがおすすめです。注文住宅に使用できる木材の種類や工法については、ハウスメーカーの方針によって大きな違いがあります。そこで、予算内で満足度の高い注文住宅を購入するために、日ごろから各地の人気のハウスメーカーの施工事例に目を通しておくことが大切です。

一戸とは一世帯の家、一軒の家という意味です。つまり一戸建てとは、一棟の建物の中に複数の部屋がある集合住宅とは異なる、一棟の家屋のことを指します。