入居までの時間が長い

細部にまでこだわれるから手間がかかる


家の外観や間取りはもちろん、使用する木材や設備の種類など、すべてを自分好みに指定できるのが注文住宅です。念願のマイホームなのですから、徹底的にこだわりたいと考えるのも当然のことでしょう。しかし、建売住宅やマンションなどに比べて自由度が高い分、手間がかかることも事実です。土地を所有していない方は、土地を探すところから始めなくてはなりません。業者とは打ち合わせを何度も重ねる必要があり、最終的な設計図面が完成するまでにも時間を要します。他には、契約に関する各種手続きが必須ですし、家を建てる施工期間も当然必要です。個々のケースにもよりますが、家づくりを始めてから完成までに1年以上かかった例もあるそうです。

施工期間は業者によって異なる


注文住宅を請け負う業者には、ハウスメーカー・工務店・設計事務所の主に3種類があげられます。業者によって施工期間が異なる傾向にあり、3つの中ではハウスメーカーが短いといわれています。ハウスメーカーでは「○○シリーズ」といった商品を展開していることも多く、ある程度規格化されているため工期が短くて済むのです。一方で工務店・設計事務所では、依頼主の要望をもとに、いちから作り上げていくスタイルが基本になります。そのため、設計の打ち合わせに時間がかかりますし、特別な仕様になるほど工期も長くなりがちです。とはいえ、必ずしもハウスメーカーなら工期が短いというわけではありません。契約前に施工期間を確認しておきましょう。

分譲住宅は完成した住宅を販売している為、購入を決める前に確認するべきことがあります。このタイプの住宅は事前に見学が可能な所が多く、商談を決める前にじっくりと建物を確かめておく事が望ましいです。